> 
 > 
 > 
持明院

持明院の概要~縁切り寺の歴史とその縁切り効果について~

持明院とは

大阪天王寺にある持明院の歴史は不明ですが、時代は戦国時代にさかのぼり、 豊臣秀吉が大阪城を築城した頃に存在していた木村長門守重成の屋敷跡であったと伝えられています。 持明院には縁切りの神である「橋姫大明神」と縁結びの神である「卯之日大明神」そして稲荷である「二十日大明神」を祀っています。


橋姫大明神は悪縁を切るとされ、京都宇治にある橋姫神社の御分霊として祀られており、縁切りの効果に一役買っています。 この持明院は生国魂神社の表参道にあって、この神社へ行く前に持明院で縁切りをしていくのが通例だそうです。 そうして悪い縁をきり、生国魂神社へと参拝するとなんと復縁成就ができるといわれています。


持明院は三角関係の縁を切りたい、不倫関係で奥さんとの縁を切ってほしい、離婚したいなど、様々な男女間の縁切りに効果があります。 特に持明院には「浪華百事談」という書物の内容通り、縁切り厠と呼ばれるものが現存しております。 そこで、離縁を祈願すると縁切りが叶うと伝えられています。


持明院へは左側から参拝する人が多いそうですが、必ず縁切りの神が祀られている右側から参拝するようにしましょう。 でないと折角結んだ縁を切ってしまうことになります。


悪い縁を寄せ付けない秘策とは…!?

↑初回無料鑑定実施中↑

縁切り寺「持明院」の住所とアクセス方法について

住所・アクセス 大阪府大阪市天王寺区生玉町にある持明院へ向かうには、地下鉄で千日前線に乗車し、谷町九丁目駅で下車、南西に向かって徒歩3分で到着します。 境内に駐車場はありません。 なるべく公共の交通機関を利用するか、近隣の有料駐車場を利用しましょう。 周辺には大きな公園やホテルがあるため、目印にすると良いでしょう。

悪縁を絶ち切る
おすすめ占いサイト一覧

ページの先頭へ戻る