> 
 > 
 > 
橋姫神社

橋姫神社の概要~縁切り神社の歴史とその縁切り効果について~

橋姫神社とは

橋姫神社の言い伝えは生々しくかつ怨念や憎しみがこもっています。 橋川の神や嫉妬の神とも呼ばれている橋姫は 、愛らしい姫として源氏物語に登場している人物です。


自分を捨てて別の娘へと走った男を怨み鬼に化け、男と恋人を殺したという話は京都の宇治橋に今でも伝わる伝説です 橋姫神社はそんな娘の怨念が悪縁を断ち切ってくれる効果があると有名です。 そんな橋姫を祀ったことから縁切り神社として名を広げました。


宇治橋に祀られている神様は、川の汚れを流してくれるといわれています。 「世の苦しみや悪縁も川の流れと共に一緒に流し去ってほしい」という人々の願いから参拝者が訪れるようになったともいわれ、 悪縁切り神社としては参拝する者が多く、様々な伝承を生み出している橋姫神社は日ごろから大勢の人々で賑わっています。


縁切り祈願を成功させるコツとは…?

↑初回無料鑑定実施中↑

縁切り神社「橋姫神社」の住所とアクセス方法について

住所・アクセス 住所・アクセスについて 橋姫神社は京都の宇治駅から徒歩5分、宇治橋西詰から徒歩1分ほどの距離にあります。 宇治川の近くにある小さな神社ですが、昔は橋のある場所に橋姫神社がありました。 建て替えから場所が移されています。 言い伝えでは浮気をされた娘である橋姫は、宇治川を守る神様だといわれています。 しかし男に裏切られ鬼と化した執念から嫉妬に狂う鬼とされています。 丑の刻参りは橋姫が作り出した伝説であり、橋姫は宇治川に21日間浸ることで鬼となっています。 そんな橋姫が守っている神社ですから、結婚前のカップルは避けるべきだといわれています。 観光ルートからは少し離れているので観光地としては目立っていません。

悪縁を絶ち切る
おすすめ占いサイト一覧

ページの先頭へ戻る