> 
 > 
 > 
菊野大明神

菊野大明神の概要~縁切り神社の歴史とその縁切り効果について~

菊野大明神とは

京都にある悪縁切りとして有名な菊野大明神。 法雲寺という浄土宗の寺院の敷地にある菊野大明神は、百世通いの伝説の舞台となった歴史深い場所です。


歴史ある京都には多くの社寺がありますが全国から様々な利益を期待し訪れる参拝者は後を絶えません。 男女の縁を切りたいなどの悪縁切り祈願に訪れる方も多く、菊野大明神はそんな縁切り祈願で有名なスポットです。 決して恋人同士で近寄る者はいません。


菊野大明神の御神体は、深草少将腰掛石と呼ばれる、百夜通いという伝説に関係している霊石です。 小野小町への求愛を示す為に白夜通い続けた深草少将の想いが悪縁を断ち切ると言われ、その効果を求め参拝者が訪れます。


鬼よりも怖い、人間の怨みが籠っている場所であるため、京都では婚礼の際に菊野大明神を通らないなど縁切り効果は今でも言い伝えられています。 小野小町へ思いを伝えることができなかった少将の念が石に宿り、縁切りとして現代にも影響を与えています。


縁切り祈願を成功させるコツとは…?

↑初回無料鑑定実施中↑

縁切り神社「菊野大明神」の住所とアクセス方法

住所・アクセス 1988年に改装されましたが菊野大明神の本堂は以前のままで劣化が進んでいます。 京都河原町二条にあり、京都駅から市バスで京都市役所前下車後、徒歩3分の場所にあります。 役所前ということで、交通の不便はありません。 特に縁を切りたい方が集う場所であり、縁結びを期待している方は避けてください。 観光地として有名な京都ですが、縁切りスポットを最終目的として訪れる方も多いでしょう。 菊野大明神には強い怨念が宿っています。 興味本位では近づかないように、 悪縁を断ちたいという強い信念を持った者のみ菊野大明神での参拝がおすすめです。

悪縁を絶ち切る
おすすめ占いサイト一覧

ページの先頭へ戻る