> 
 > 
 > 
安井金比羅宮

安井金比羅宮の概要~縁切り神社の歴史とその縁切り効果について~

安井金比羅宮とは

安井金比羅宮では縁切り効果があるといわれ、縁切りを願う執念を持った男女が多く訪れます。 小さな神社ながらも安井金比羅宮は有名なパワースポットとして人気を呼んでいます。


連日多くの参拝客が集まっていますが、御祭神は日本三大怨霊とも呼ばれている崇徳天皇です。 保元の乱で流された崇徳天皇は金刀比羅宮で欲を断ち、そのことから「縁を断ち切ることができる」とされ、安井金比羅宮で祈願をする人が多い場所です。 参拝者は皆縁切り縁結び碑を目当てに訪れます。


安井金比羅宮の創建は室良時代であり、藤原鎌足が子孫繁栄を願い藤の木を植え、藤寺というお寺を立てたことが始まりです。 元々小さなお堂だった藤寺は改装を続け、上皇の命を受け、後の江戸時代から鎮守社とし崇徳天皇を祀る神社として安井金比羅宮が親しまれるようになりました。


安井金比羅宮にある絵馬の形をしている石は、穴をくぐることで悪縁を断つことができるといわれています。 もう一度くぐれば良縁を呼ぶため、くぐりたい人たちは順番を待っているようです。


縁を切るという執念を持った人たちが並ぶと考えると少し不吉な気がしてなりませんが、 絵馬が書かれていますが、やはり怨縁への思いが多く不吉な雰囲気を漂わせています。


縁切り祈願を成功させるコツとは…?

↑初回無料鑑定実施中↑

縁切り神社「安井金比羅宮」の住所とアクセス方法

住所・アクセス 安井金比羅宮は京都市東山区にあります。京都府で言えばちょうど真ん中辺りにあるので交通の不便はないでしょう。 また、京都には各地縁結び神社や縁起り神社がありますが、安井金比羅宮は縁起りで有名なスポットです。 祀っている崇徳天皇は怨霊として有名なため、縁結びの効果があるという可能性は低いといわれています。 そのため参拝する際は縁起りの祈願のみを考えるといいでしょう。京阪電車四条駅から徒歩20分のところにあります。 邪念を抱えた者達が集う場所なので、縁起りへの願いがない方は近づかれない方が良いでしょう。

悪縁を絶ち切る
おすすめ占いサイト一覧

ページの先頭へ戻る