> 
 > 
 > 
縁切り榎

縁切り榎の概要~縁切り神社の歴史とその縁切り効果について~

縁切り榎とは

「縁切り榎」なんてあまりいい響きではない名前の木。縁切りは時に良いことでもあり悪いことでもあります。 東京にある縁切り榎は江戸時代から庶民の間で礼拝されるほどの名所です。


江戸時代に縁切り榎があった場所には道の向かいに旗本近藤登之助の屋敷があったといわれています。 そちらにある木と遂になるその木はいつしか縁切り榎と呼ばれるようになり、庶民の間では縁切り効果を恐れて榎を避ける迂回路まで作られていたようです。


縁切り榎は、色恋沙汰や人間関係のトラブルの際の対人関係の縁や災い、不運などの縁も切ってくれると信じられています。 縁切り榎の樹皮を削いで縁を切りたい者に煎じた皮を飲ませるという風習まであったといわれ、 縁切りの効果はほぼすべての人に信じられていたのでしょう。 今でも縁切り祈願をする人は絶えません。


縁切り祈願を成功させるコツとは…?

↑初回無料鑑定実施中↑

縁切り神社「縁切り榎」の住所とアクセス方法について

住所・アクセス 東京都板橋区には縁切榎という交差点があります。 板橋区板橋本町駅から徒歩3分程の場所にあり、小規模ですが縁切り神社として有名な観光スポットです。 立っている縁切り榎には菰が巻かれていて樹皮が削がれぬよう対策がされています。 現在立っているのは三代目の樹ですが、長年語り継がれ三代目となるまで大切にされ、今でも縁切り成就を願う人が多くその効果を信じているということなのでしょう。 悪縁を絶ちて善縁を呼ぶ、まさに禍を転じて福と為すということ。 参拝する際は縁切りを求めとのことです。 縁切りという強い負の感情が漂う場所なので、縁切り神社を訪れる際は憎しみや恨み、悲しみなどの感情を極力抑えて縁切りのみを願うように心がけるべきです。

悪縁を絶ち切る
おすすめ占いサイト一覧

ページの先頭へ戻る