> 
神社

神社の縁切りで日本各所に存在する御神徳満載の名所に祈願する

悪縁を絶ち切る

縁を切る方法の定番といったら、神社参拝での縁切り祈願が最もポピュラーなイメージがあります。 実際は、縁結びよりも数が少ないですが、縁切りで有名かつ効果絶大の神社が一定数存在するのです。


日本では特に、東京・京都・大阪に絶縁スポットが密集していて、交通機関の融通も利くため遠出してでも参拝に来る人が大勢います。 中には、神社数カ所をはしごして回る人もいるとのことで、絶縁を望む人が日本にどれだけいるのかということが如実に窺えるでしょう。 最近では、テレビなどのマスメディアにも縁切り神社や寺院参拝の特集が紹介されており、もはや離縁においては最高の方法なのです。


縁切り祈願を成功させるコツとは…?

↑初回無料鑑定実施中↑

縁切り神社では相手の不幸より自分の幸福を願うこと

縁切り神社に行くと、必ずと言って恨みや憎しみの思いを込めた御札や絵馬が要所に付けられています。 「○○と縁を切れますように」という文章ならば、他人から見たらそれほど恐ろしくないでしょうが、こんな謙虚な文章は少数派なのです。 ほとんどの場合は、「△△が苦しみもがき地獄に直中に落ちるよう願っています」といったことや、 「□□の妻子が事故死して最後には孤独死しますように」といった、 憎悪でち溢れた怨念の如し願いが、書く場所が足りなくなるほどびっしり綴られています。


このように、絶縁相手の本名を記載して不幸を望む御札や絵馬の呪詛は、現実に叶うと思うとゾッとするものです。

さて、このように恨み辛みを含んだ離縁は思いが込められているだけに効果がありそうですが、自分の幸せを第一に考えるのなら控えましょう。 なぜなら、憎しみを込めて切れた悪縁は、別な悪縁を生み出して負のスパイラルが参拝者に降りかかるからです。 分かりやすく言い換えますと、殺したいほどの怒りがある会社の上司Aが会社をやめてすっきりしたかと思った束の間、 会社に新人で入ってきたBに殺したいほどの感情を抱き始めるといった現象が起こります。


よく、あなたの周りに愚痴が絶えない人はいませんか? しかも、その愚痴は毎回違う内容で、それはまさにマイナスの連鎖から抜け出せない状態に陥っています。 結局のところ、一つの問題が解決しても自身が憎悪を招きやすい性質であるために、新しい問題を次から次へと抱え込んでしまうのです。
とにかく、自分の幸せよりも復讐が重要であるなら怨念を込めた縁切り祈願でも良いのですが、 自分の幸せを優先する場合は未来にある幸福の形を想像しながら祈願しましょう。


おすすめ占いサイト一覧

ページの先頭へ戻る