> 
 > 
 > 
姑編

姑と縁切りする「つけもの石」を使ったおまじない方法について

姑との縁切りおまじない方法について

必要以上に口出ししてくる、何かと説教してくるなど、結婚生活において姑とのトラブルは多いもの。 しかし面と向かって文句を言うには角が立つし、周りの目も気になる…そんな悩みを持っている人におすすめなのが、 姑との関係が切れる縁切りおまじないです。


自然の流れで上手に縁を切ることができるでしょう。まず、使い古したつけもの石と新品の手拭いを用意してください。 つけもの石の大きさは何でもOKですが、なるべく古い物が良いでしょう。次に筆ペンを使って、つけもの石には姑の名前を、手ぬぐいには自分の名前を書きます。


そして人目につかない押し入れの中などに畳んだ手ぬぐいを置き、その上からつけもの石を乗せておきましょう。 そのまま一晩置いておき、次の日の昼間に続きを行います。つけもの石をどかし、外に持って行ってください。 なるべく家から離れた山の中などに持っていくのがポイントです。そして深く穴を掘り、土の中に埋めてしまいましょう。


帰宅したら手ぬぐいはよく洗い、キレイに畳んでタンスの中にしまってください。これで姑との関係と縁切りが完了しました。 今までうまくいっていなかった運勢が好転し、今後はあなたに有利なように風向きが変わっていくはずです。


あなたの縁切りは本当に叶う…?

↑初回無料鑑定実施中↑

「つけもの石」を使ったおまじないの意味と効果

おまじないの効果

昔から漬物は姑の味と言われるように、つけもの石は姑の象徴です。 また新品のキレイな手ぬぐいは、嫁、つまりあなたを象徴するもの。 更につけもの石はその役割から、何かを押さえつけたり居座ったりする象徴となるでしょう。


手ぬぐいの上につけもの石を置くことは、まさに姑に押さえつけられるあなたを意味しています。 その状態を解除し、つけもの石を家から遠く離すことで姑をあなたの家庭から遠ざけることができるでしょう。


このおまじないを行えば、姑から遠く離れた土地に引っ越したり、忙しくなって相手ができなくなったりと物理的に距離を取ることができるはず。 いちいち口出しされるなどの煩わしいちょっかいを受けにくくなります。また夫や舅など、周囲の協力や理解も得られるようになるでしょう。 姑があなたに口出ししようとした際に、あなたを守るブロックの役割を果たしてくれるはずです。あなたの発言権も増していきます。 そして姑の家庭とは疎遠になり、あなたの家庭として独立することができるでしょう。


ただし、おまじないの効果として姑が体調を崩す可能性も考えられます。 体の弱い姑の場合はおまじないを控えるか、相応の覚悟を持って臨むようにしてください。

悪縁を絶ち切る
おすすめ占いサイト一覧

ページの先頭へ戻る