> 
おまじない

おまじないの際はマイナスの感情を捨てて幸せのイメージを想像する

おまじないには、その方法を正確に行うことも重要ですが、それに取り組む姿勢もまた重要です。 他のページでも述べていることですが、縁切りという行動をネガティブに捉える人は少なくありません。


さらに、おまじないを漢字に変換すると「お呪い」と書き、縁切りと相まって暗いイメージを連想してしまうでしょう。 ところが、縁切りやおまじないなどのワードをポジティブに受け止めることが、最終的に縁切り効果を見込めるのです。


ですので、おまじないをする際には、縁切りをした後の幸福に満ちた自分を思い浮かべてみましょう。 例えば、「未練がある元カレ・元カノを忘れるためにきっぱり縁を切って、前よりも最高の恋人をつくる」といった願い事で良いでしょう。


切った縁は新たな縁を呼び込みます。 その呼び出した新たな縁が良縁なのか悪縁なのかは、おまじないをする本人の心境によって変わると言っても過言ではありません。 これからは「自分が幸せになるための縁切り」を念頭に置いてみてください。


あなたの縁切りは本当に叶う…?

↑初回無料鑑定実施中↑

簡単で手軽にできるおまじない効果を高める瞑想方法

おまじないの方法には、絶縁対象によって様々ですが、共通しておまじない効果を高める瞑想方法があります。 必要な物もなく短時間でできますが、最初の慣れないうちは簡単なようで以外と大変かもしれません。 回を重ねると楽に熟せるようになるので、挑戦してみましょう。

①正座の状態で利き手を前方に伸ばし、甲が自分に向くようにします。
②その利き手の甲に、逆の手の平を重ねます。
③その両手が腕を伸ばした状態で、3秒位かけて頭の上方に移動させます。
④この状態で、深呼吸を4回します。息を吸う場合も吐く場合もじっくり時間をかけて、限界まで行ってください。
⑤目を閉じたら組んだ両手を腕ごと腹部に移動させます。
⑥目を閉じたままの状態で、縁を切った後の幸せな未来を思い浮かべましょう。これで瞑想は終了です。
いかがでしたが?慣れないと難しく感じますが、1、2回行うと順序もコツも覚えてきます。 次のページでおまじないの具体的な方法を伝授しますので、この瞑想をマスターすることから始めてみましょう。

悪縁を絶ち切る
おすすめ占いサイト一覧

ページの先頭へ戻る