> 
 > 
 > 
上司・同僚編

上司や同僚と離れるには「観葉植物」を利用した縁切り風水がオススメ

上司との縁が切れる風水

会社のパワハラ上司や苦手な上司との縁を切って、快適な職場を得たいのであれば、風水でよく忌み嫌われる枯れた観葉植物を利用することです。 自分の運を落とすのではと思いがちですが、使い方次第でピンポイントに悩み解消の流れに乗れるかもしれません。 置く場所は、人の出入りを象徴し人間関係も司る玄関です。運の出入り、人の出入り口となる玄関に枯れた植物を置くことで、 自分だけの開運と悩みの解決を導き出せるかもしれません。


観葉植物の鉢は自然素材でできたものが良いとされ 、陶器鉢や藤の篭に入ったものだと、さらに効果が期待できるでしょう。また、枯れた観葉植物の周りは片付けず、 物を多く置いておくのも効果を上げるコツです。本来、風水では観葉植物を玄関に置くことは幸運を運んでくるものとされています。 これを枯れた観葉植物に置き換えると、今ある悪運を断ち切ってくれるのです。時間はかかりますが 、自分の悪い人間関係を枯れた植物によってこれ以上寄せ付けなくなり、嫌がらせなどはもちろん、関わり自体も減っていくことでしょう。 職場の人間関係は厄介なもの。嫌な上司との関係を打破したいなら、直接的な行動や態度を示す前に風水による環境を変えることから始めてみましょう。

悪縁を遠ざける秘密の占いとは…?

↑初回無料鑑定実施中↑

「観葉植物」を使った風水の意味と効果

苦手な上司や、嫌がらせをしてくる同僚と縁切りするには、会社や仕事の重要アイテムであるスケジュール帳を利用した風水がおすすめです。 スケジュール帳を東側に置きっぱなしにしてみましょう。スケジュール帳は仕事を象徴し、 使い手が触れる機会の多いもので、自分のラッキーカラーのスケジュール帳は効果があります。


普段使用しているスケジュール帳がラッキーカラーでない場合は手帳カバーを利用して色を合わせるといいでしょう。 そして、東側は仕事運を強くする効果がある方位のため、東に仕事に関係するものを置いておくことで、仕事でのトラブルや困ったことを解消することができるのです。


東は木のエネルギーの強い方位で、上司との関係の安定や嫌な上司とのトラブルを避けるなどの仕事上の人間関係に効きます。 若さや発展運もあり、仕事での成功を促進します。この風水を行うことで嫌な上司との関係は少しずつ自然に無くなっていくか、 または良好になっていくかもしれません。風水が大成功した際には、上司や同僚が突然、遠くへ転勤になることもありえます。 仕事に専念することができるような環境が整っていき、快適で働きやすい職場へと変わっていくでしょう。

悪縁を絶ち切る
おすすめ占いサイト一覧

ページの先頭へ戻る